下肢静脈瘤とは

本来、心臓から拍出された血液は、動脈を通り各臓器へ供給され、静脈を通り肺を通過して再び心臓から拍出されるものです。
この最後の通り道と言える静脈では、心臓からの圧力に頼ることが出来ず、自動的に心臓へ血液が帰っていくわけではありませんので、血液の逆流を防ぐためにがついております。


写真

下肢静脈瘤とは…

下肢(足)の比較的に太い静脈の弁が悪くなり、本来心臓に帰っていくはずの血液を足の静脈に溜めてしまい、静脈が水風船のように膨らんでしまう病気です。


写真

下肢静脈瘤の症状

・足がつる(こむら返り)
・足がむくむ
・足が痛い、だるい、重い、疲れ易い
・足が痒い(かゆい)
・足の血管がボコボコしている
・足に瘤(こぶ)がある
・足の血管が浮き出ている

・皮ふに色素沈着(皮ふの色が変色している状態)が起こる
・皮ふから出血がある
・皮ふが硬い
・皮ふに潰瘍(やけどのような状態)ができた


もし1つでも、お心当たりがある人は下肢静脈瘤の可能性があります。
症状や進行具合には個人差がありますが、下肢静脈瘤がそのうち自然に治ることはありません。症状は徐々に悪化していき、
レーザーでの治療が困難になり切開手術が必要となるケースもあります。
症状を感じたら、早期に専門クリニックで検査をしてみて治療法を医師に相談されることをお勧めします。
下肢静脈瘤になる誘引
・足の筋力低下
・足の血管の壁面の弱体化
・逆流防止の弁の損傷や機能が低下
・血管が柔らかい
・肥満などの体重の増加
下肢静脈瘤になりやすい原因
・加齢
・職業による立ち仕事が多い人
(主婦、販売員、調理師、教師、医療関係者、キャビンアテンダント、工場勤務など)
・妊娠や出産を経験した人
・男性より女性が多いです
・女性ホルモンの減少
下肢静脈瘤の種類
見た目が気になる程度のすごく軽症の場合から、皮膚潰瘍など合併症を引き起すような重症の場合もあります。
ここでは、下肢静脈瘤の種類と合併症をご説明します。
大伏在静脈瘤(太もも)
大伏在静脈瘤は、足にある静脈の血管のうち表面に近い太い伏在静脈で、そのうち足首内側や大腿部の内側の伏在静脈の本幹およびその主要分枝に発生する瘤(こぶ)が、大伏在静脈瘤です。
小伏在静脈瘤(ひざ下)
小伏在静脈瘤は、大伏在静脈と血管の場所が異なり、足にある静脈の血管のうち表面に近い太い伏在静脈で、そのうち足首の後ろや膝窩部・膝の後の伏在静脈に発症するものが、小伏在静脈瘤です。
網目状静脈瘤
皮膚のすぐ下にある細い静脈が網目状に膨らんで発症する静脈瘤です。
クモの巣状静脈瘤
より細い静脈が拡張して発症し、青白い色や赤紫色に見える静脈瘤です。
クモの巣状静脈瘤に分類されていますが、静脈瘤のような瘤(こぶ)はありません。症状としては、軽症です。

ページの先頭へ